Home » 修理実施例 » アルファロメオ 147 セレスピード修理

アルファロメオ 147 セレスピード修理

category : 修理実施例 2011.12.31

DSCF0132

アルファロメオのセレスピードは不具合を起こしやすい変速ユニットです。

オイル漏れの場合はセレユニットのOリング交換修理で済みますが、今回はオイル漏れは無く作動不良の為、セレユニット交換作業になります。

まずは、邪魔なバッテリーを取外しセレユニットを外します。

DSCF0133

次に、作業の為バンパーを外しセレポンプの交換です。

DSCF0134

セレユニット&ポンプ交換後セレオイルを入れ、最後にセレユニットのエアー抜作業があります。

DSCF0135

実はこの作業が大変やっかいなんですね。コンピューターを使用しないとエアー抜きが出来ないのです。

そこで、テスターを接続しエアー抜き実施しロードテストを行いました。

交換後は、変速もスムーズに成り乗りやすく生まれ変わりました。

今回の修理は部品代(中古)+工賃で63,000円(税込)で修理できました。

ちなみに、ディーラーでお客様が見積もりしましたら30万円近くの見積が出て、お客様も車両の代替を検討中でしたが、今回、中古部品修理で安くできたので147にもうしばらく乗られる事になりました。

実施工場 ガレージカメイ

p5rn7vb

comment closed

お申し込み・お問合せ先

営業日

Sponsored by

Copyright(c) 2011 格安外車修理専門店 All Rights Reserved.